recommend推薦者の声

知活人をすすめる人。順不同。

力石 武信 力石 武信ロボティシスト/ロボット研究者

このたびは、知活人のサイトローンチ、おめでとうございます!

振り返ってみれば、主宰者の三津田さんとはもう6年以上のお付き合いになります。
城崎温泉にてペッパーで観光案内をするプロジェクトを取材していただいたり、「本とITを研究する会」で、登壇させていただいたりしたことは大変有意義な時間でした。
おかげさまで、本とITを研究する会のご縁をつないでいただいたライターさんと、いままさにロボットとアートに関する書籍を執筆しています。
また、2021年春に、「秘密結社 Strange Attractor」というロボットとアートを基軸とした表現集団の立ち上げを計画しています。その際には、知活人の皆様と議論をさせていただければ、大変うれしいです。
今後のますますのご発展をお祈りしております。

力石 武信 ロボティシスト/ロボット研究者 東京藝術大学 特任講師。「秘密結社Strange Attractor」団長。
大阪大学大学院 石黒浩 研究室出身。演出家 平田オリザ氏の率いる「ロボット演劇」プロジェクトにロボットディレクターとして参加。芸術・工学の枠組にとらわれない多角的な視点で活動中。大阪府出身。

鈴木 英樹 鈴木 英樹 海上運輸企業 役員

今後も応援してます♪

田中ナルミ 田中ナルミ 著述家。IT企業経営者

高嶋 哲夫 高嶋 哲夫作家

「情報だけでない、知恵を育む集いに!」

または、
◎知は時空を超えたつながり。
◎知は己と他の意識をつなぐもの。
◎知は己と他者との時空を超えた絆。

高嶋 哲夫
作家。1999年『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞。2010年に発表した『首都感染』が2020年の新型コロナウイルス感染症拡大を予言した作品として話題に。

山口 真一 山口 真一著述家

「知活人」、激動のこの時代だからこそ求められるコミュニティかと思います。

山口 真一 著述家
国際大学GLOCOM准教授。著作に『正義を振りかざす「極端な人」の正体』(光文社)、『なぜ、それは儲かるのか』(草思社)などがある。

高橋 望 高橋 望ピアニスト

知活人において皆さんの言葉が重なり合い、新しい何かが生まれることを期待しています!

高橋 望 ピアニスト
第13回園田高弘賞ピアノコンクール第3位、第2回G・ガンドルフィ国際ピアノコンクール(イタリア・パルマ)第2位。J.S.バッハの『ゴルトベルク変奏曲』をライフワークとし、同曲のリサイタルを毎年1月に東京で開催。『音楽の友』『音楽現代』で好評を博す。

橋本 泰一 橋本 泰一著作家

橋本 泰一
著述家
自然言語処理を専門としたAIエンジニア。著作に『データ分析のための機械学習入門』がある。

都外川 八恵 都外川 八恵著作家

応援しています♡

都外川 八恵
著作家。
バースカラーアカデミー顧問、カラースタイリスト

尾上 今日子 尾上 今日子元書店員/エピローグ系片づけ屋

コミュニティ開設おめでとうございます。

コミュニティにこれからの、地域と世界のバリアフリー、そしてITを道具として知の守破離を期待しております。

尾上 今日子
元書店員/エピローグ系片づけ屋
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会 ライフオーガナイザー。

竹井 俊文 竹井 俊文著述家/講師/ITコンサルタント/MCPC上席顧問兼AIエバンジェリスト

「知活人」と書いて「ちいきじん」と読ませる。洒落たプロジェクト名だ。

遠い昔に「就活」や「婚活」を終えた小生は、今「終活」の準備に取り掛かっている。
三途の川を渡る際に「金品」や「地位」は捨てなければならないが、「知識」だけは彼岸に持っていけるらしい。それゆえ、彼の世での安楽を願う小生にとっては「知活」は是非もない。
かといって、都内のセミナーや勉強会に参加する機会もコロナ禍で激減し、困っていたところだ。その点、「知活人」はどの地域の人でもオンラインで「知活」ができるので、実にありがたい。まさに、ニューノーマル時代の「終活」だ!

竹井 俊文
著述家/講師/ITコンサルタント/MCPC上席顧問兼AIエバンジェリスト

狩野 祐東 狩野 祐東著述家/UIデザイナー/エンジニア

自分から学び、考える。これからの生き方に必要なのは「知活人」のような場だと思います。応援しています!

狩野 祐東
著述家/UIデザイナー/エンジニア
狩野 祐東 著述家。UIデザイナー/エンジニア、株式会社Studio947代表。著作に『スラスラわかるHTML&CSSのきほん』『確かな力が身につくJavaScript「超」入門』など多数。

久保 秋真 久保 秋真著述家/株式会社チェンジビジョン/コンサルタント

仕事の付き合いでは、職業や活動範囲は限定的になりがちです。しかも付き合いを広げても、同じ範囲に収まってしまいがちです。 多様な人が集まる場は、業務分野や専門が異なる人が集まり、多様な視点から意見や想いが集まります。

「知活人」は、そのような出会いの新鮮さを楽しみつつ、貴重な出会いや大切に扱うべき意見と向き合える良い機会だと思います。

久保秋真 著述家
株式会社チェンジビジョン コンサルタント、早稲田大学大学院基幹理工学研究科 非常勤講師、日本大学生産工学部数理情報工学科 非常勤講師

川浦 智子 川浦 智子日本糀文化協会 理事

知活人(ちいきじん)という活動の名前にまず、とても惹かれました。

都心であっても地方であっても、その地を愛し、醸し、活かす、知性をもったヒトがいることでそこは最高に心地よい場所になることでしょう。
わたくしも、そのようにありたいと願います。

川浦 智子
日本糀文化協会 理事

拓海 広志 拓海 広志著述家/海洋/海事ライター

拓海 広志
著述家。海洋・海事ライター、NPO団体アルバトロス・クラブ代表。著作に『初心者のための海図教室』『ビジュアルでわかる船と海運のはなし』がある。

飯尾 淳 飯尾 淳著述家

飯尾 淳 著述家
東京農工大学 客員准教授、中央大学 国際情報学部 教授

© Chiikijin. Allrights reserved.